ホーム>スタッフブログ>現況制度の駆け込みについて・・・vol.4
スタッフブログ

現況制度の駆け込みについて・・・vol.4

こんにちは。

 

日本列島では先週末、「春の嵐」により大荒れの天気に見舞われ、大変な思いをいたしました。

皆さんは無事でしたでしょうか?

そんな中、梅の花がちらほら咲きほころび始めましたね!

いよいよ春到来でしょうか?

 

もう少し寒暖の差が激しい日が続きそうですし、インフルエンザが蔓延しておりますが、太陽光発電においてはこの気温差はメリットとして捉えることができます。

なぜなら、大気中は冷えているのに、パネルには日照があり、いつも以上に日照量が増えるからです。

もちろん夏の日差しには負けますが、今の時期の日差しも侮ってはいけないのです。

こんなに知ってる風に書いてますが、私も先日、先輩から教わりました。

 

さて、今回の記事のテーマですが、「生産性向上設備の手続きの流れ」となります。

まずはサンプラスというサイトをご覧下さい。

 

なぜなら、2016年3月末日通電の物件を探すためです。

気になる物件を発見したならば、当社にお電話頂きたいと思います。

 

2016年3月末日までに認定を受けたものなら100%償却できます。

それ以降は2017年3月末日までに認定を受けたものは、50%償却となります。

 

同じ「生産性向上設備投資促進税制」を申請するなら100%償却の方がいいのではないでしょうか?

サンプラスはこちらからご確認ください!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.e-logic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/166

ページ上部へ