ホーム>スタッフブログ>太陽光の今後の動向・・・vol.3
スタッフブログ

太陽光の今後の動向・・・vol.3

みなさま、おはようございます。

先週は急に寒さが戻り、「三寒四温」という言葉を思い出しました。

早く暖かくなることを心待ちにしております。

さて、今回の記事ですが、弊社代表の常山真史の著書が2016年3月12日に刊行しましたので、本の紹介と東日本大震災によって注目された太陽光を書き進めたいと思います。

 

ちょうど先週2016年3月11日はあの忌々しい大震災から5年目の節目の日となります。

節目といってもまだまだ、みなさんの記憶に新しく今も苦しんでおられる方がたくさんいらっしゃいます。

私自身、あの日はここ大阪でいつもどおりお仕事をしておりましたが、急にめまいを感じ、周りの方も同じく「頭がフラフラするな、きっとみんな3月だし疲れているんだな」と話していたところに関東地方で地震が起きたと第一報が入り、インターネットで事実確認を行った際に見た津波の映像は今も脳裏に焼き付いて離れません。

 

奇しくもその大震災がきっかけとなり太陽光が脚光を浴びるようになり、原発よりも地球にも人にもやさしい自然エネルギーを求めて、それを生業にする人々が誕生しました。

このようにして弊社も誕生を遂げた一業者となります。

 

太陽光の今後は、買取価格も年々下がってきて、息詰まりを見せ始めました。ただし、マンション投資よりもいい投資なのは間違いありません。

では、どのように転換をすればいいのでしょう?

弊社代表はこの著書で説明しておりますが、ここでは差し控えさせていただきます。

201631591411.jpg

(常山真史著:知らないと損するサラリーマンのための太陽光ファンド投資)

一度、書店で手に取っていただきたいと思います。

出来れば、立ち読みじゃなくってご購入いただきたいな・・・と思いつつ、

今週もみなさま、元気に楽しくお過ごしください!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.e-logic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/177

ページ上部へ