ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

太陽光発電って・・・vol.2

 みなさま、おはようございます。

 成人の日はいかがでしたか?

 それぞれがニュースを見て思うところがあったのではないでしょうか?

20歳を迎えたからといって、すぐに大人になるとは限らず、年々、心の成長が遅くなっているように感じました。

 さて、前回から引き続き「太陽光発電」についての記事を書かせて頂きます。

 

 まずは、太陽光発電の仕組みについてですが、

「太陽光モジュール」に日光があたり、パネル内に電気が流れます。

この時の電気は「直流電力」で乾電池と同じ電気となります。

家庭の家電製品は「交流電力」ですので種類が違うため、動かすことが出来ません。

 では、どうするのでしょうか?

直流電力を交流電力に変換する装置が必要です。

その装置が「パワーコンディショナ」と呼ばれるものになります。

このパワーコンディショナによって使用可能となった電力を家庭内の電化製品に分配する装置が「分電盤」となります。

また、リアルタイムに発電量や消費量を知るために発電モニターを設置する方法や電力量計で確認する方法もあります。

発電した電気が多い場合は余った電気を電力会社に買い取ってもらうことができます。これを「売電(うりでん)」といい、

逆に曇りや雨などが続き、発電量より使用量が上回った場合は電力会社から買い取る方法があります。

これを「買電(かいでん)」 といいます。

さて、ここまで家庭用の発電の仕組みを紹介しました。

 では、産業用ではどうなのかといいますと、

パワーコンディショナまでの流れは同じですが、その先からが違います。

使用可能な電力を電化製品で使用するのではなく、電力会社へ直接売ることを目的として発電します。

あらゆる太陽光発電のサイトで「売電価格」や「FIT価格」をいう表記をみたことがあるでしょうか。

これは、電力会社が「この金額で買いますよ!」と提示して約束してくれる金額になります。

但し、2通りの「余剰電力買取」と「全量買取」という買取方法があり、産業用は「全量買取」となります。

では、「全量買取」って何なんだ?これは、10Kw以上の発電量で売電期間が20年間保証され、再生可能エネルギーの普及を促進する為の制度です。

売電価格は1Kw当たりを電力会社がいくらで買ってくれるかという金額です。

これは経済産業省から認定が降りた日によって金額が変わります。但し、金額が高いからといって必ずしもお買い得とは限りません。次に、なぜ「20年保証なのか」ですが、国が推進している事業だからです。

もともと、温暖化対策として二酸化炭素を排出しないクリーンな電力として着目されました。

 

そして、

 

今、日本の課題は「エネルギー自給率」ではないでしょうか?

 

 

太陽光発電って...vol.1

みなさま、新年、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

みなさん、年末年始は良いお休みを過ごされましたか?

私は普段できない家の用事やお友達との飲み会等、充実しておりました。

今年最初の記事ですが、タイトルにもあるように「太陽光」について書かせていただきます。

 

さて、太陽光発電と言っても実際にはわからない事はたくさんあるかと思います。

近年、節電が叫ばれています。

そのきっかけとなった出来事があります。

それは「東日本大震災」です。

そして大震災の地震と津波被害によって日本の電力を支えていた原発がダメになったのは記憶に新しいですね。

原発に変わるものを探し、着目した事業の中の1つが「太陽光発電」になります。

確かに取組みとして大震災前から太陽光発電はありましたが、

ここまで注目されるようになったのは原発事故からではないでしょうか?

 

では、「太陽光発電」と聞いて思い浮かぶイメージはどんなものでしょう。

高い買い物・・・

北海道は日照時間が限られそう・・・

土地が必要・・・

私はこの三点が頭に浮かびました。

実際、高い買い物ですが、北海道は日照時間が少ない割に発電量は他県とほぼ変わらないそうです。

太陽光発電はエコなエネルギーだと言われています。

それは発電時にCO2や有害物質を排出しないため、地球環境への負荷が極めて低いからです。

また、太陽光は晴れている日の日中であれば世界中どの場所にも降り注ぎます。

地中深くに埋蔵されている石油や石炭などの化石燃料を掘削する必要もなく、エネルギーの入手面を

考えてもエコです。

さて、今回、太陽光の始まりについて書きました。いかがでしたか?

 

次回1月12日はもう少し踏み込んだ記事を書きたいと思います。

 

それでは、本年もよろしくお願いいたします。

エコロジック株式会社 スタッフ一同

 

 

 

 

 

 

 

テレビ出演!

おはようございます。

 

先日、当社でテレビ出演の為の撮影を行いました。

 

出演のきっかけは、環境ビジネスを展開している会社を探していて、

当社の事業内容である「太陽光」を主とするEPC事業や「LED販売」の新電力事業に

興味を示して頂いた事です。

 

当社は設立間もない会社なので、これはチャンスだと思い、出演を決めました。

当日はお昼頃からくもりのち雨の天気予報。

撮影は13時30分開始で、外観からの撮影となりました。少し晴れ間もあり、綺麗に撮れたようです。

社内に場所を移し撮影風景を見て、感じたことは、スタッフ全員が「いいものを創ろう!」とする姿勢、何事もひとつひとつの

確認を声をかけ合って行うということです。

その確認の声かけも大きく全員に聞こえるものでした。

活気があり、そばで見ている私まで「頑張ろう」と引き込まれるものでした。

 

さて、撮影はというと、

2015122113462.jpg

20151221134750.jpg

 

 

 

20151221134854.jpg20151221134950.jpg

 

当社からは営業2名と社長が出演させていただきました。

加えてタレントさん2名の方が場を盛り上げて下さり、終始和やかに進んでいました。

当社で伝えたい事がスムーズに声に出せたかなと感じております。

ミッションや経営理念も自然な会話に盛り込まれていて「さすが!」と思いました。

皆さん、2016年1月3日午前9時30分からはチャンネルをサンテレビに合わせてください。

社長が最後に何を語るのかご確認ください。

 

最後に出演のきっかけをくださいました、メディアックスさん始め、当日ご協力頂いたスタッフの皆さん、

弊社出演2名の癒しでしっかり者の三島ゆかりさん、笑顔の素敵な秋葉のぞみさん、

撮影の合間緊張する当社スタッフを元気付けていただきありがとうございました。

2015122113449.jpg

 

左:三島ゆかりさん  右:秋葉のぞみさん

 

年末の大掃除

おはようございます。

皆さん、今年は冬らしい日があまりないですね。

寒いと思ったら、春のような暖かな日が来たりと冬物の商品を

売り出すお店は大変だなと感じています。

12月といえば、日本の伝統ともいえる大掃除があります。

1年間の汚れを年内に落とし、新たな気持ちで新年を迎えるという良い行事です。

私達も12月28日に大掃除を行います。

さて、皆さんのお家や会社ではどこまで綺麗にしますか?

例えば、「窓ふき」「机ふき」や「障子の張替」「トイレ」に「お風呂」「キッチン」・・・あげたらキリがありませんね。

サザエさんのお家では「畳替え」もしていますね。

当社では「机ふき」「窓ふき」「給湯室」「トイレ」に加え「蛍光灯ふき」を行います。

弊社は蛍光灯ではなくLEDですので「LEDふき」ですね!

もちろん毎日掃除はしていますが、やはり、日頃の感謝をしつつ、より丁寧にしたいと思っています。

蛍光灯の掃除は軍手を使用します。

しかも、ただの軍手ではなく、ここでひと手間!

水に濡らして固く絞った軍手を使用します。

そのまま手にはめ、雑巾替わりに拭いていきます。

ただし、注意点があります。

それは、蛍光灯が熱い時にやってしますと割れる危険性があります。

その点、LEDは割れにくいという特徴があるので、扱いやすいです。

さて、大掃除は段取りで決まります。

会社では、整理整頓の5S「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」が、段取りと同じ意味をなすと思います。

その5Sをすることで業績が伸び、掃除や5Sが成長につながると言われています。

成長は嬉しい気持ちが生まれると同時に、比例して税金もかかってきます。

その税金の対策として決算に向けて太陽光はいかがでしょうか?

 

実は、平成28年3月31日をもって「生産性向上設備投資促進税制」の適用が終了してしまいます。

申請ありきのものですが、一括償却ができる可能性があります。

 

手続きは、当社がお手伝い致します。

 

ご興味のある方、お困りの方はこちらをご覧下さい。⇒サンプラス

 

 

 

サンプラスといえば・・・

おはようございます。

皆さん、弊社エコロジックでは新たな試みとして、2015年12月1日からサイトをオープンしました。

 そのサイトの名称が「サンプラス」と言います。

201512992618.PNG

そのサイトって何?と思われる方いらっしゃると思います。私もその一人でした。

どんなサイトかというと、

「産業用太陽光」を売りたい!

「産業用太陽光」を買いたい!

両方の目線で見て、よりわかりやすくご使用いただくことが可能となるサイトです。(詳しくはこちらをご参照ください。)

サイトオープンの前日の11月30日は社員一丸となり、不具合やもっと分かりやすくならないか等、ギリギリまで試行錯誤を繰り返しオープン日を迎えました。

正直、もっともっと見やすいサイトにしていきたいと思っています。

20151299272.PNG

サイトオープンと並行してFAXや提案の電話も開始しています。

 

さて、1年後はどうしたいのか・・・というと、

例えば、「●●県で△△円くらいの予算で良い物件ないかな?」を一目見て発見できる、発見したけれども、他の物件も気になる・・・といった嬉しい迷いが出るくらいの物件数を揃えていきたいと思っています。

 

 ただ、太陽光は決して『スーパーマーケットのレジ前に置かれているお菓子をついでに買う』とか『本屋さんで見かけてマンガ買っちゃった』といった買い物ではありません。

 だからこそ、私どもが手助けさせていただきたいと思っております。

 サイトに掲載物件は「土地代」「負担金」「造成費」「保険代(一部対処外有り)」といったすべての金額を総額として表記しております。

安心・納得を第一に購入を検討していただきたいからです。

 

 「太陽光に興味が有る」方や「どんなものを買ったらいいのかな?」という方に『サンプラスを見たら解決した』といっていただけるようになるサイトに育てていきたいと思っています。

 

 サンプラス=「あ!太陽光のサイト!」

となれば、最高です。

 

 

2020年には、、、

皆さん、おはようございます。

急に冬らしくなりましたね!

弊社の目の前を走る御堂筋の銀杏も一気に色付きました。

その葉は、風が吹くとヒラヒラと舞って青空に綺麗な差し色をもたらして、とても綺麗です。

2015122101524.jpg

さて、前回、御堂筋も2015年11月29日からイルミネーションが始まるという記事を書かせていただきました。

とても華やかです。

 

そのイルミネーションを支えているのが「LED」です。

今回はその「LED」について少し紹介致します。

LED・・・・・これは、略語です。

日本には略語が多いですね。例えば、「ADB(アジア開発銀行)」や「GDP(国内総生産)」とか....。

LEDの正式名称はLight Emitting Diode で、

日本語では「発光ダイオード」といいます。

その歴史は1960年代と古く、その頃には表示用光源として実用化されていました。

1990年代に青色と緑色が開発、これで「光の3原色」が揃い、白色化、フルカラー化が実現しました。

なんとLEDは日本のオリジナル技術とも言われています。

さすが、ものづくりの日本ですね!

日本の信号機は「LED」を採用しました。

「私達の身近なもの」ということが「普通」となりつつあり、イルミネーションもその1つ...代表格ではないでしょうか?

 

LEDの勢いに隠れ蛍光灯がなりを潜める日が迫っているのではないかなと感じておりました。

そんな中、2015年11月26日、政府が以下のような発表をしました。

『エネルギーを多く消費する白熱灯と蛍光灯について、2020年を目処に国内製造及び国外輸入を実質禁止する。』

これは省エネを目的としてLEDへの置き換えを促す狙いで、弊社においても注目する発表でした。

蛍光灯といえば、戦後日本の復興の象徴の1つとしても、高度成長期としても活躍してきました。

時代に合わなくなったとはいえ、少し寂しい思いがしました。

今後LEDが活躍することが間違いなさそうな政府の発表に注目し、

なぜ、LEDはいいのか、ここで皆さんにお知らせしたいと思います。

①紫外線・赤外線がでない!(食料品の鮮度低下抑制・絵画、書店、衣料品等の色あせ防止)

②熱が出にくい!(夏場の空調設定が平均で約2度変わる)

③目に優しい!(チラツキがなくなるため、目への負担減少)

でも、いい所があるものには、悪い所もあるのが必然ですよね。

それでは、悪い所も・・・ホントは秘密にしたいのですがどうぞ!

①白熱灯や蛍光灯に比べて重量が重い

②価格が高い。

③均一放射ができにくい(場所によって照度が異なる)

弊社では安定器のみを外す工事が可能なので、施工費を抑えることができます。

その他購入時に気をつけることなども提案できます。

「いいものにも悪い所がある」と言うことをお伝えしてみなさんの想いを形にしていきたいと思っております。

 

ここまで、お読みいただきありがとうございました。

みなさん、最後にこちらの画像をお楽しみください。

LEDを使用した各所のイルミネーション模様です。

2015122101844.jpg201512210194.jpg2015122101957.jpg2015122102017.jpg

それでは、皆さん今日も一日楽しみましょうwink

北の湖理事長

こんにちはshineエコロジックの伊藤ですup

先日、北の湖理事長が亡くなられましたねsweat01

 

弊社では、今年の3月25日に

京都で開催された北の湖部屋お疲れ様会に

参加させていただく機会がありました。

当時、相撲協会の理事長をされていた北の湖親方

やはり迫力がありました。

そして何よりやさしい方でした。happy01

20151125102355.jpg

写真は弊社の常山代表・ツインズの中山様

エコテック山口専務・在りし日の北の湖理事長shine

 

代表の常山をはじめ、スタッフ一同、

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

 

草刈しました!

おはようございますscissors向井ですhappy01

先週、和泉市で草刈してきましたnote

この時期に草刈eyesign02と思われる方いらっしゃるかも...ですが、この時期だからこその「草刈」です

草刈は年に3回行うのが理想的で、だいたい、6月下旬、9月下旬、11月下旬となります。

6月は草が栄養を吸収してぐんぐん伸びる時期、9月は草の勢いが落ち着いて植物のダメージが少ない時期、そして、11月は枯れ草が多い時期だからですshine

僕が草刈した和泉市の土地もたくさん、たくさん草が生えていましたが、

みてくださいflair

2015112494756.jpg 201511249557.jpg

このとおり、綺麗さっぱりですhappy02

見たことのない虫に怯えながら、がんばりましたcoldsweats01

これでパネル設置の下準備の1つが完了ですup

 

お待ちしております!

おはようございますhappy01

みなさん、雨もあがり、いい天気になりましたねsun

洗濯日和ですupup

晴れの天気が続くと発電量がグッとあがってスタッフ一同、嬉しくなりますnote

太陽光は今や日常生活に溶け込むくらい認知度がありますが、

大きなお買い物となりますので見極めることが大切ですeyeshine

もちろん、メリットもデメリットもあります。

ご興味のある方はこちらを覗いてみてくださいsign01

どんなことでもご相談ください。

みなさんが心から笑顔になるものをご提示させていただきます。

太陽光に関するご質問・ご相談はこちら

スタッフ一同お待ちしておりますshine

もうすぐ...

おはようございますsun伊藤です。

今年もこの季節がやってきましたねぇshine

各地各所いろいろなところでクリスマスへ向けて街が彩られていますhappy02

御堂筋もその1つ

御堂筋イルミネーションが11月29日(日)から50日間開催される予定のようで、

楽しみですup

楽しみといえば、、、もちろんnoteクリスマスケーキbirthdayheart04

チョコケーキにいちごのケーキにフルーツタルト、、、モンブランのノエルhappy01

もうたくさんありすぎて、どれにするか正直、決めかねていますbearingsweat01

 

イルミネーションといえば、使われる電球は現在ではLEDタイプが大半ですflair

通常の白熱電球よりも消費電力を抑えることができますsign01

 

今年は、ご家庭でも挑戦してみてはいかがですか?eyeflairshineshine

 

 

ページ上部へ