ホーム>NEWS

NEWS

スタジオジブリが協力、「トトロの森」を守る家庭向け電気料金プラン

丸紅子会社の丸紅新電力は、4月の電力小売りの全面自由化に向けて、スタジオジブリとタイアップした家庭や商店向けの料金プラン「プランG」を発表した。

「プランG 未来に残したい日本がある」は、スタンダードプランの「プランS」の基本料金に月額100円を上乗せしたプランで、スタジオジブリと提携し、電気料金の一部を森と緑の保全活動に充当する。

 

➡続きはこちら

関西電力、高浜原発の再稼働禁止仮処分に不服申し立て

関西電力は14日、大津地方裁判所における高浜原子力発電所3、4号機(福井県高浜町)の再稼動禁止とした仮処分決定に対して不服申立てを行った。早期の仮処分命令の取り消しを求めて、高浜原発3、4号機の安全性の主張・立証に全力を尽くしていくとしている。

 

➡続きはこちら

太陽光発電+蓄電池+HEMS搭載の住宅、6割がZEHに 積水化学の調査結果

積水化学工業は、太陽光発電システム(PV)ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)搭載住宅のゼロエネルギー達成度および蓄電池の運転実績調査を実施した結果を発表した。

 

➡続きはこちら

製紙工場に木質バイオマス発電設備を導入 電力の2割カバー、建築廃材を利用

レンゴー(大阪府大阪市)は8日、八潮工場(埼玉県八潮市)に木質チップバイオマスボイラ発電設備を新設したと発表した。本設備は建築廃材由来の木質チップを主燃料とし、同工場で必要となる電力の約2割を賄う。

 

➡続きはこちら

今回がラストチャンス! 東京都の中小企業向け最先端設備補助金

東京都および東京都中小企業振興公社は、環境・エネルギー、航空機、ロボットなどの成長産業分野で事業展開しようとする都内の中小企業を支援するため、機械設備費や先端機械設備の新たな導入に要する経費の一部を助成する支援事業を実施する。

 

➡続きはこちら

電力ビジネス、2016年度に参入するには? 要件・手続きをまとめた資料が公開

電力広域的運用推進機関は、2016年度から発電事業者として、新たに同機関の会員となる事業者を対象に、1月20日に開催した説明会の当日配布資料を公表した。

 

➡続きはこちら

ビルや住宅向け、地中熱利用の冷暖房システム ESCO事業で初期投資ゼロに

アリガプランニング(北海道札幌市)は、ESCO事業を活用し、初期費用0円で導入できる地中熱利用の冷暖房システムの提供を3月1日より開始した。

地中熱を利用した冷暖房システムは、省エネやCO2排出量削減を実現するシステムとして期待されている。

 

➡続きはこちら

電力広域的運営推進機関、広域機関システムで各種「計画」の受付スタート

電力広域的運営推進機関は2月22日、電力ビジネスに参入する各事業者に向け、2016年4月1日以降、広域機関システムに登録する必要がある各種計画受付けを開始した。

 

➡続きはこちら

小売電気事業者、30社増えて199社に 新たに小売供給事業者も1社登録

経済産業省は23日、4月の電力小売りの全面自由化以降に、電気を販売できる「小売電気事業者」として、新たに30社を事前登録したと発表した。

 

➡続きはこちら

新電力大手、異例の撤退へ 日本ロジテック協同組合

大手電力以外で電力を販売する「新電力」では5位の「日本ロジテック協同組合」が東京電力に対し、送電線を使う「託送契約」の廃止を申し入れていたことが23日、分かった。

 

➡続きはこちら

ページ上部へ