ホーム>NEWS>2015年11月

2015年11月

産総研、変換効率11%の熱電変換モジュールを開発 ZT=1.0の壁を突破

産業技術総合研究所、省エネルギー研究部門熱電変換グループは、鉛テルライド(PbTe)熱電変換材料の焼結体にマグネシウム・テルライド(MgTe)のナノ構造を形成することで、高い熱電性能を実現し、さらにこの材料を用いて変換効率11%を有する熱電変換モジュールの開発に成功した。

→詳細はこちら

FITの設備認定、制度変更へ 実施の可能性が高い事業のみを認定へ

経済産業省は、固定価格買取制度(FIT)において、今後、系統接続の契約など事業の内容を確認した上で、事業実施の可能性が高い事業のみを認定する新たな認定制度を創設する考えだ。

→詳細はこちら

中部電力もカンパニー制導入 「発電」、「送配電」、「小売り」の3部門に

中部電力は25日、2016年4月1日から、「発電」「送配電」「小売り」の3事業分野で社内カンパニー制を導入すると発表した。

→詳細はこちら

2015112783754.jpg

東京都、温室効果ガス30%削減する目標 舛添知事「欧米にも遜色ない水準」

東京都の舛添要一知事は、20日の定例記者会見で、都として新たに温室効果ガスを2030年までに2000年比で30%削減する目標を設定したと発表した。

http://www.kankyo-business.jp/news/011697.php→詳細ははこちら

SIIの蓄電システム補助金、上限額が2倍(30万円)に 公募期間も1年延長

環境共創イニシアチブ(SII)は、再生可能エネルギー発電事業者に対して、出力制御が実施される可能性のある太陽光風力発電事業へ蓄電システム導入を支援する事業について、事業期間の延長に伴い、公募期間を来年11月30日まで1年延長すると発表した。

☞詳細はこちら 

気象衛星のデータで数時間先の太陽光発電量を予測するシステム「アポロン」

関西電力は、気象庁の衛星画像を利用し、数時間先までの太陽光発電量を予測するシステム「アポロン」を開発した。同社はこのシステムを、2016年3月を目処に中央給電指令所に導入する予定だ。

2015112094446.png

→詳細はこちら

光の方向をコントロールできる3mmの「導光板」 厚さ8.5mmのLED照明を実現

クラレ(東京都)は、光の出射方向をコントロールして、必要な方向を集中して明るくできる、異方出射導光板を開発した。同社は、この製品を、ホテルや美術館および店舗などの限られた空間で、デザイン性が求められる照明への用途を見込み、販売していく予定だ。

→詳細はこちら

エネルギーハーベスティング、何に使える? 実用化めざしNEDOが調査へ

NEDOは、エネルギーハーベスティング技術の実用化に必要な市場・開発技術分析を行う事業者を、一般から募集する。

→詳細はこちら

2015年エコプロダクツ大賞 環境大臣賞「太陽光発電・蓄電池のリース&レンタル」

11月10日、エコプロダクツ大賞推進協議会が主催する「第12回エコプロダクツ大賞」が発表された。後援は財務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省。

→詳細はこちら

バイオガス発電でできた消化液(発酵残渣)、液肥として小麦に撒く実験スタート

リナジェン(東京都千代田区)は、11月17日(火)および19日(木)の2日間、三重県多気郡多気町において、バイオガス発電施設で生じた消化液(発酵残渣)を液肥として地域の小麦栽培の農地に散布し、その生育を評価する大規模実証試験を実施する。

→詳細はこちら

ページ上部へ