ホーム>NEWS>「光吸収率が低くても、高効率太陽電池の素材になる可能性」 東大が理論確立
NEWS

「光吸収率が低くても、高効率太陽電池の素材になる可能性」 東大が理論確立

東京大学大学院は、より高効率な太陽電池を実現する物質探索の指針となる原理を確立したと発表した。環境へのエネルギー散逸が、光から電流への変換を助け、太陽光発電に有効的に働くという、一見逆説的な原理を、理論計算により確立した。

→詳細はこちら

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.e-logic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/94

ページ上部へ