ホーム>NEWS>東工大、太陽光発電量を予測する最新技術を発表 電力系統の安定化に寄与
NEWS

東工大、太陽光発電量を予測する最新技術を発表 電力系統の安定化に寄与

2015年12月8日、東京工業大学は、太陽光発電量の信頼度付区間予測という最新の予測手法を活用した電力系統需給制御の基礎技術を開発したと発表した。

 

2015121194247.jpg

→続きはこちら

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.e-logic.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/129

ページ上部へ