ホーム>NEWS>2016年2月

2016年2月

電力広域的運営推進機関、広域機関システムで各種「計画」の受付スタート

電力広域的運営推進機関は2月22日、電力ビジネスに参入する各事業者に向け、2016年4月1日以降、広域機関システムに登録する必要がある各種計画受付けを開始した。

 

➡続きはこちら

小売電気事業者、30社増えて199社に 新たに小売供給事業者も1社登録

経済産業省は23日、4月の電力小売りの全面自由化以降に、電気を販売できる「小売電気事業者」として、新たに30社を事前登録したと発表した。

 

➡続きはこちら

新電力大手、異例の撤退へ 日本ロジテック協同組合

大手電力以外で電力を販売する「新電力」では5位の「日本ロジテック協同組合」が東京電力に対し、送電線を使う「託送契約」の廃止を申し入れていたことが23日、分かった。

 

➡続きはこちら

和歌山県、南紀白浜空港の滑走路脇を使いたい太陽光発電事業者を募集

和歌山県は南紀白浜空港の滑走路脇で太陽光発電事業を行う事業者を3月11日まで、入札方式で募集している。

 

➡続きはこちら

木質バイオマス利用の調査結果・状況報告会が開催 兵庫では無料セミナーも

日本木質バイオマスエネルギー協会(東京都港区)は、林野庁の補助を受けて実施した木質バイオマスのエネルギー利用に関する調査結果と最新状況について報告する成果報告会を3月10日に東京で、3月17日に兵庫で開催する。参加費は無料。成果報告会後には、懇親会(有料)も予定している。

 

➡続きはこちら

NEDOの再エネ技術開発支援 2016年度は拡充、3月中旬から公募予定

NEDOは、2016年度「新エネルギーベンチャー技術革新事業」に係る公募を3月中旬~5月中旬に実施する予定だ。

本事業は、再生可能エネルギー分野の重要性に着目し、中小企業等(ベンチャーを含む)が保有している潜在的技術シーズを基にした技術開発を公募により実施するもの。

➡続きはこちら

2016年度の太陽光発電FIT価格、20年目以降の売電収益は算定に含めない方針

経済産業省は4日、固定価格買取制度(FIT)に基づく2016年度の買取価格等について検討するため、調達価格等算定委員会(第21回)を開催した。

今回の会合では、前回委員会から指摘があった事項を踏まえ、・・・

➡続きはこちら

ページ上部へ