ホーム>NEWS

NEWS

電気料金で貯めたポイントを商品券に 中国電力、ショッピングセンターと連携

イズミ(広島市東区)と中国電力(広島市中区)は、電力の小売全面自由化が始まる2016年4月から、毎月の電気料金等に応じてポイントが貯まり、イズミが発行する電子マネー「ゆめか」やイズミの「商品券」に交換できる提携サービス「ゆめタウンメニュー」を開始する。

→続きはこちら

再生可能エネルギーのコスト削減方法、日本の研究機関が紹介するイベント

新エネルギー・産業技術総合開発機構 技術戦略研究センター(NEDO TSC)と科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター(JST LCS)は、研究成果を公開し、研究開発の活発化を図るため、ワークショップ「再生可能エネルギーのコスト構造と低減に向けた方策(仮)」を2016年2月4日に開催すると発表した。

→続きはこちら

九州の再生可能エネルギー発電設備、認定設備の稼働率が25%に

九州経済産業局は、2015年8月末時点の再生可能エネルギー発電設備の運転開始状況・認定状況を取りまとめ公表した。

 

→続きはこちら

太陽光発電パネルからの落雪に注意 雪下ろし時は滑りやすい上に破損も

太陽光発電協会(JPEA)は、12月22日より、太陽電池パネルからの落雪事故を未然に防止するため、注意を促している。

続きはこちら

「窓ガラスに貼るだけ」 太陽光を天井に反射させて照明コストを削減するフィルム

大日本印刷(DNP)は、新築・既築の窓ガラスに貼り付けるだけで太陽光を効率的に取り入れて、部屋全体を明るくする「DNP採光フィルム(現場施工用)」を開発し、2016年1月に販売を開始する。 

→続きはこちら

再エネビジネス優遇税制 太陽光設備に係る償却資産税

固定資産税は、土地、家屋及び償却資産に対して課されるが、償却資産に対して課される固定資産税は、償却資産税と呼ばれている。毎年1月1日に償却資産を保有している者(個人・法人)に対しては、1.4%の標準税率で償却資産税が課税される。その場合、その年1月31日までに、償却資産税の申告をする必要がある。

→続きはこちら

公共温泉施設へのバイオマス燃料導入など9件、J-クレジット制度に登録

経済産業省は16日、温室効果ガスの排出削減量・吸収量を認証するJ-クレジット制度の「第14回J-クレジット認証委員会」を開催し、プロジェクト登録への申請があった9件のプロジェクトを承認した。これにより、プロジェクト登録件数は累計で128件となった。

→続きはこちら

2016年度の託送料金が決定 電力各社、経産省の「値下げ指示」通りに

経済産業省は18日、電力会社10社が申請した送配電網の使用料(託送料金)等約款認可を改正電気事業法等にもとづき認可した。認可を受けた「託送供給等約款」の実施時期は2016年4月1日となる。

続きはこちら

 

東京電力など、8つの太陽光発電所を細かく出力制御する実証試験をスタート

東京電力は、多数の太陽光発電設備の発電出力の把握ときめ細やかな出力制御を行うシステムの構築を目的とする実証事業において、16日、出力制御実証試験を開始したと発表した。

 

→続きはこちら

 

201512189939.jpg

優れたCO2削減対策技術を紹介 環境省の成果発表会、東京都内で開催

環境省は、優れたCO2削減対策技術を紹介する「平成27年度地球温暖化対策技術開発成果発表会」を、2016年1月13日に東京都内で開催する。

→続きはこちら

ページ上部へ